おすすめの【即日融資】とは?

お手軽さでおすすめ!24時間365日申し込める即日融資とは?

ちゃんと知ってかしこく使いたい即日融資

時には、今月は思わぬ出費がかさんでしまったとか、支払いのために急にまとまった額のお金が必要になったという場合もありますよね。そんないざという時に便利に使うことのできるのが、私たちの大きな味方である即日融資。消費者金融によっては、24時間365日申し込み&融資が可能だったり、申し込み後1時間程度だったりと、超スピード審査で、即日融資が受けられることをご存知でしたか?そして、最近は借り入れ後30日の無利息期間中に返済すれば、実質利息なしでの借り入れが可能なケースや、アプリなどで簡単に申し込みができる即日融資などもたくさんあります。お手軽さが魅力の即日融資のポイントをおさえて、ぜひかしこく使っていきましょう。

ちょっと気になる!?即日融資でお金を借りる理由トップ5

即日融資でお金を借り入れする理由は、多くの方が気になっているポイントではないでしょうか?1位は、生活費の足しや買い物など毎日の暮らしに関するもの。普段は節約を心がけていても、趣味や外食などにお金をかけてしまったことなど、どなたにもあることかと思います。数万円程度の融資額ならお給料が入ってからもすぐに返済が可能ですし、生活が苦しいという時にも安心です。2位は、お子さんのいる家庭での学費や養育費関連。日本で1人の子供が成人するまでに子育てにかかる費用は、2000万円などとも言われています。即日融資の申し込み理由が学費などにあたる場合、融資対象としての特別な取り決めがあることや詳細な返済プランが求められることが多くありますので、少し注意が必要です。3位は、何かと入用になる冠婚葬祭関連。自分が結婚式を挙げる場合のほかに、度重なる出費のかさむ結婚式シーズンのご祝儀、突然の不幸による葬儀費用や香典などが背景にあるようです。そして、4位には入院費や治療費などの医療関連、5位には、引っ越しにかかる費用、敷金・礼金などで多額の出費を伴う引っ越し関連などが続きます。金額は、数万円~数百万円とそれぞれのケースで異なるものの、意外と日頃から即日融資を活用している方が多いのがわかります。

即日融資を選ぶ理由ナンバー1!誰にもばれないようにお金を借りるには?

即日融資を使いたいけれど、家族や職場の人にばれそうで心配という方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか?ばれてしまう原因となるものにも、職場への本人確認の電話や自宅に届く郵送物など、さまざまなものがあげられます。まわりの人にできるだけ内緒にした状態で借り入れができるのは、やはり大手の消費者金融や銀行のカードローン。本人確認が必要な場合は、会社に在籍していることを証明する書類を事前提出することなどで、電話確認が不要になるケースもありますし、自動契約機、ネット申し込み、提携ATMのキャッシングなどを利用することで、誰にも知られずにお金を借りて返済してしまうことが可能になります。その際に気をつけたいのは、借り入れ額の返済。せっかく内緒で融資を受けることに成功しても、滞納してしまうことで郵送物などが送られてきてしまう可能性がアップしてしまいます。もちろん、郵送物の差出人名義も最近はわかりにくいものになっていますが、できるだけ期日までにきちんと返済することを心がけたいですね。

かしこく使おう!年収の3分の1の借り入れは注意!?

簡単に手続きが可能な即日融資だからといって、無理な借り入れは禁物。計画性を持った返済プランをあらかじめ考えておくことも大切ですし、返済期限日までに返せると確信が持てる金額でかしこく利用するようにしましょう。目安となる借り入れ額とされているのは、正社員や公務員などの正規雇用の場合は、30~50万円程度。アルバイトや派遣社員など非正規雇用の場合は、10~20万円程度となっています。借り入れ理由などにもよるかとは思いますが、ぜひ申し込み時の参考にしていただければと思います。より大きな額の借り入れを希望している際は、融資の限度額が高く、気軽に手続きができるネット銀行のローンなどが便利でおすすめです。翌日以降の融資になってしまいますが、楽天銀行カードローンでは800万円、住信SBIネット銀行では1200万円、ジャパンネット銀行では1000万円の最大限度額が設定されています。

WEB申し込みなら最短60分での融資だって可能!

即日融資を希望する場合に覚えておくと便利なのが、平日なら21~22時頃まで、休日は17~18時頃までを目安に申し込みや契約手続きを済ませると、ほぼ確実に即日融資が受けられるということWEB申し込みなどを利用すれば、最短で数十秒で審査完了、最短60分で融資を受けることだってできてしまいますレイクALSAでは、
最短15秒で審査完了、最短60分で融資が可能ですアイフルでは、1秒診断もできますし、最短30分で審査完了、即日融資が可能になっています。大手消費者金融でも、即日融資を受けるのに必要な申し込みの期限時間が異なりますので、事前の確認をおすすめします。また、同じくWEB申し込みができるネット銀行でも、最短で即日審査、翌日融資とうれしいサービスが用意されていますので、参考にしてみていただければと思います。

安心度アップ!2010年からぐっと身近になっている消費者金融

知っておきたいのは、即日融資の新常識

以前は、ヤミ金・サラ金などのマイナスイメージがつきやすい消費者金融でしたが、2006年と2010年の貸金業法の改正で、より安心と使いやすさがアップしました。現在、申し込みしてからの即日融資が可能なのは、SMBCモビット・アコム・アイフルなどCMでもお馴染みの消費者金融がメイン。より確実に即日融資を受けたいという方は、借入希望額を必要な最低金額にして申し込むのがポイントとなるでしょう。

最短翌日のネット銀行融資も見逃せない!

大きな金額の借り入れを希望する場合は、みずほ銀行や三菱UFJ銀行などもっとも身近な都市銀行、楽天銀行や住信SBIネット銀行などに代表されるネット銀行、イオン銀行やセブン銀行などの流通系銀行、信用金庫、銀行のカードローンなどもおすすすめですできるだけ最短で融資を受けるには、平日に申し込みをしておく、申し込み内容に虚偽がないようにする、利用限度額を低めに設定する、必要書類を揃えておくなどの注意しておくと、より安心でしょう。

注目するべきは、30日もある無利息期間と金利!

活用しなきゃ損!最大30日間の無利息期間

即日融資で注目したいのは、30日間利息0円で借り入れが可能という点。現在、大手消費者金融では、1週間~30日間の無利息期間を設けているところが多くなっています。消費者金融によっては、返済期日までに一度完済した後、再度融資を受けることで、再び無利息期間ルールが適用され、とてもお得に融資を受けることもできます。30日間の数え方も、アコムやアイフルなどの大手消費者金融では契約日の翌日から、プロミスやジャパンネット銀行のネットキャッシングでは初回借入日の翌日からと、金融機関によっても異なっています。

ネット銀行なら低金利でかしこい融資も!

2018年1月から即日融資こそできなくなってしまったものの、楽天銀行カードローンなどのネット銀行なら、申し込みの翌日は融資ができることも多くなっています。例えば、金利も、楽天銀行カードローンで、年1.9%~14.5%、また、住信SBIネット銀行カードローンでも、年0.99%~14.79%と、リーズナブルな低金利になっています。さらに、ネット専用のローンプランによっては、年0.4%程度など、超低金利で融資を受けることもできます。

即日融資には、20時頃を目安にした余裕を持った申し込みがおすすめ

アイフルなどの大手消費者金融では22時までの申し込みが可能とはなっていますが、それぞれの消費者金融ごとに、申し込みに必要な入力項目やその入力にかかる時間なども少し異なります。トラブルなくその日のうちに融資を受けるために、20時頃までの申し込みを目標にして、少し余裕を持った申し込みができるように心がけましょう。また、申し込みが殺到しがちな連休中や週末などは、金融機関の申し込み処理に時間がかかることも予想されますので、できるだけ早めに申し込みを済ませるようにすることをおすすめします。

契約手続きに必要な書類は2種類!

即日融資を受けられる消費者金融との契約時に必要な書類は、2種類。融資希望額によって多少変わることもありますが、本人確認ができる書類と、収入証明書は用意しておくと安心です。本人確認書類には、運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード、公的証明書類、個人番号カードが認められます。また、外国籍の方の場合は、在留カード、特別永住者証明書などが必要になります。基本的には、顔写真つきの本人確認書類が1点必要になりますが、該当する顔写真つきの書類がない場合、健康保険証と住民票などでも代用することができます。収入証明書は、源泉徴収票、住民税決定通知書、直近2~3か月分の給与明細書、直近1年以内の賞与明細書、確定申告書、所得証明書になります。

審査落ちしてしまう条件とは?

審査落ちする可能性もゼロではない

現在は、借主のリスクを考慮したAIテクノロジーによって審査が進められることが多い即日融資の世界。審査落ちしやすいのは、収入が不安定と見なされることの多い学生や専業主夫・専業主婦、外国籍の方の場合。そんな方には、いざという時困らない事前申し込みをしておくという準備もおすすめですし、借り入れしやすい方法を選んでみるとよいでしょう。また、基本的には審査結果の情報は開示されないしくみですが、審査理由が知りたいという場合は、JICC日本信用情報機構へ問い合わせてみてもよいかもしれません。

即日融資がNGな場合の対処方法とは?

もし、即日融資がNGとなってしまった場合でも、クレジットカードのキャッシング機能を使えば、ATMですぐに借りることができます。また、まとまった金額を借りたいという場合は、申し込みなどに時間がかかるため即日融資はできませんが、銀行の各種ローンなどを視野に入れてみるのもよいでしょう。

便利なアプリやメール通知を活用してかしこく利用!

最近では、大手消費者金融のほとんどが、Android用とiOS用2種類のアプリをリリースしています。使い方もとても簡単。アプリをインストールして、簡単操作するだけで融資の申し込みが簡単にできますし、追加の申し込みだってラクラクおこなえます。アプリを使うことで、プッシュ通知機能によって、毎回タイムリーにお知らせを確認することができます。返済額や返済日の確認がスマホでできるのは、何かと安心なのではないでしょうか。また、返済日当日にバタバタしてしまい、返済を忘れてしまうなどといったことがないように、消費者金融や銀行などが提供している返済日メール通知サービスなどを利用しましょう。

学生でも大丈夫?

即日融資に力を発揮する大手消費者金融ですが、20歳未満の未成年の学生の場合は、残念ながら契約をかわすことができません。学生におすすめしたいのは、学生ローンという方法。午前中に申し込みを済ませるようにすれば、WEB完結もできる便利なローンになりますので、もしもの時にも安心です。例えば、多くの実績を持つイーキャンパスでは、通常15.5%~16.5%の利率ですがWEB申し込みをすることで14.5~16.5%の利率で借り入れることも可能。また、最短30分のスピード審査、当日の融資も可能になっています。

専業主夫・専業主婦の場合は?

消費者金融では審査に通れない可能性の高い専業主夫と専業主婦の方の場合は、銀行系のローンがおすすめです。その中でも手軽なのは、ネット銀行のローン。消費者金融よりも低い2~4%程度低い金利でもありますし、家族に内緒にしたいという方は、WEB申し込みで融資を受けることも可能です。また、家族と相談の上、まとまった額の融資を考えているという方は、消費者金融の配偶者貸付というものもあります。これは、両者の同意のもと、夫婦の年収を合算して申し込みというものですが、最大限で年収の3分の1までの融資が可能となっています。

安定した収入がなくても借りられる?

非正規雇用などを理由に安定した収入がなくても、融資希望額と見合っていれば融資上の問題はありません。ただ、審査落ちの大きな原因となってしまう虚偽申告をしないよう、ありのままを申し込み時に申告することも大切です。収入があまりない場合には、クレジットカードのキャッシング枠が一番手っ取り早い方法と言えるでしょう。中でも、流通系と呼ばれる、イオンカードやセブンカードなどのキャッシング枠は、主夫・主婦層にも対応しているものが多いため、安定した収入のない方も比較的簡単に利用ができます。

2018年1月から銀行の即日融資サービスがなくなった背景

銀行の即日融資がNGとなったのは、貸金業法の規制外となっていたための過剰借り入れが大きな問題であったからです。中には、消費者金融で借り入れているのにプラスして銀行のカードローンを使用しているケースや、返済が困難な年収の3割程度の額まで借り入れしてしまっていたケースまであったようです。消費者金融がうれしい無利息期間サービスを提供して良心的な金利になったとは言っても、いきなり大きな金額を借り入れようとするのはあまり感心できません。まずは無理のない借り入れ額を心がけ、上手に即日融資とつきあっていくようにしましょう。